学研ひみつシリーズ『WOWOWのひみつ』

WOWOWの有名店など特集、本当のトレンドをあなたにお届けします

2017年8月5日(土)、6日(日)、11日(金)および12日(土)の4日間にわたって茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園で開催中の音楽フェス「rockin’on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」のうち、5日(土)~6日(日)の前半に参加しました。

DAY-1はこちらです。

前日駐車場の入口渋滞につかまったので、この日は7時ちょっと前に翼のゲートに到着。この日の開門は7:15頃。7:30にはテントの森にベースキャンプ設営が完了していました。

例によって会場内のお散歩です。

オフィシャルグッズの事前予約受け取りは、以前は観覧車の近くにあったのですが、レイク-グラス間の迂回路沿いに移ってました。公園のメンテナンス用機材を置く場所付近で、良いスペースの活用方法だと思いました。

オフィシャルグッズ売場はレイク付近に2箇所、グラスに1箇所、そしてこの事前予約受け取り所の計4箇所となり、買いやすくなった感じがします。

レイクステージに隣接した売場で動線が狭まってしまい、ちょっと詰まり気味になるのが今後の課題でしょうか。

HILLSIDEステージ近くのメッセージボードにちっちゃくメッセージを書いておきました。

■10:20~ 小柳大輔前説 (PARK STAGE)
PARK STAGEの前説担当はロッキングオンジャパン編集長の小柳大輔氏でした。
PARK STAGEの配置変更により大きなステージに生まれ変わったことを強調してました。

いよいよ開演です。

■10:30~ チャットモンチー (PARK STAGE)

M1 恋の煙
M2 変身
M3 M4EVER
M4 コンビニエンスハネムーン
M5 majority blues
M6 Magical Fiction
M7 風吹けば恋
M8 シャングリラ

色違いのアロハシャツで登場。メカットモンチーで始まり3人時代のアゲアゲ曲で締めくくる流れは6月のPerfumeフェスと似たような流れでした。ただ、屋外だと余計な残響のないクリアな音で楽しめるので、尺は短かったし「TOKYO GIRL」もありませんでしたが、充実したアクトでした。

特筆に価するのが「変身」。メカットモンチーバージョンで進化してカッコ良いことこの上なしです。2012年にこの曲最初に聴いたときは橋本絵莉子のもたもたしたドラムがかえって這いつくばってでも音楽を続けよう3人時代の財産に依存せず進化し続けようという執念の表現に感じられてものすごく感動したのですが、4つ打ちに乗せたちょっとEDMぽいアレンジがこの曲にものすごく合ってて、この5年間でものすごく進化したことを感じさせてくれました。いやーもー感動しすぎて涙ぽろぽろ出ました。もう1回聴きたいです。WOWOWさんぜひこれを取り上げてください。

徳島弁のMCもゆるゆるして楽しかったです。Perfumeフェスで福岡晃子が「あ~ちゃんは絵莉ちゃんと同じしゃべり方」と言ってましたが、橋本絵莉子の徳島弁丸出しのMC楽しいです。

チャットモンチーが終わってから、次の目当てのRHYMESTERまでどう過ごそうか、選択肢をあれこれ考えながらプレジャーガーデンの中央ゲート付近で写真とか撮ってたら、「間もなくシーサイドトレイン発車しまーす!」という声が。今年はレイク-グラス間のそよかぜルートは迂回路を設けた関係でシーサイドトレインは運行してないはず、と思って係員に質問したら、見晴らしの丘まで運行している、今すぐ発車する、と。即決を迫られたときには、ついつい衝動に走ってしまうのが私の悪いところです、何も考えずに500円払って飛び乗ってしまいました。

園内をゆっくり走ってくれます。

海沿いのエリアを経由して…

茶屋ビレッジの裏側に出ました。

アーティストエリアの裏側を通るので、舞台裏をちょっと覗いているわくわく感があります。木の近くを歩いているのはアーティストさんでしょうか。11日だと、こんな感じでPerfumeが歩いている可能性があります。

アーティストエリア付近の動線は、アーティストが各ステージに向かう動線と重なります。シーサイドトレインは、しばしば停止して、タイムテーブルに拘束されるアーティスト用の移動車に道を譲ってました。

見晴らしの丘に着きました。ゴールデンウィークの頃のネモフィラが有名ですが、夏から秋にかけてはコキアが植えられます。今は黄緑色が鮮やかですが、10月頃には紅葉して丘を真っ赤に染めます。

フェス会場の裏側が一望にできます。右端の道をまっすぐ行くとHILLSIDE STAGEからレイクエリアに行くことができます。もちろん通れませんけど。左側がGRASS STAGEです。

GRASS STAGEの方向です。林に隠れてフェスの様子はあまり良く見えませんでしたが、貴重なGRASS STAGEの裏側が望めます。ステージからはKREVAの曲が聴こえてきました。

あとで調べてみると、フェス期間中は、プレジャーガーデン以外に、砂丘ガーデン、見晴らしの丘、そして樹林エリアまで一般来場者に開放されていることがわかりました。以前はプレジャーガーデンだけだったように記憶してます。

フェスのことを知らずに来た一般来場者に取っては、見所が増えて非常に良かったと思います。フェスによる一般来場者の立ち入り制限がある期間中は、フェス運営から売店や乗り物が割引になるクーポンが出るのですが、それだけでは物足りないものがあります。見晴らしの丘のコキアは少し時間をかけて行く価値がありますし、もっと時間に余裕があれば、丘の周辺の湧水地や樹林帯を散策するのも楽しいものです。また砂丘エリアもちょっと足を伸ばしてみる価値があります。

フェス参加者に取っても目当てのアーティストの出番までの時間のつぶし方の選択肢が増えたというメリットがあります。開放されているエリアを全部見て回るだけでも丸一日かかるので、決してお勧めはしませんが、見晴らしの丘のコキアを見て帰るだけなら、1時間もあれば十分です。

何はともあれフェスと公園の共存関係も進化していることを実感した1時間でした。

■12:45~ RHYMESTER (BUZZ STAGE)

M1 JIN-TRO(Summer Madness)
M2 フラッシュバック、夏。
M3 Back & Forth
M4 B-BOYイズム
M5 爆発的 feat. サイプレス上野 & HUNGER
M6 Future Is Born

やっぱりKing of Stageですね。凄まじい盛り上がりです。今回観た中では演者と観客の一体感が一番だったのではないかと思います。

直前にKREVAがメインのGRASS ST
AGEで大観衆を沸かせた直後に小さなBUZZ STAGEでの出演になったことに不満を感じていたようでしたが、宇多丸師匠「以前に比べてBUZZ STAGEの吹き溜まり感が薄れた」とか「KREちゃんも俺たちもおんなじ人間!そうそう、ビヨンセも俺たちもおんなじ人間」とか「GRASSじゃこんな風にお客さんをいじったりできないでしょ?」などと自虐ネタを織り交ぜながら観客を一つにまとめていくところはさすが。

ちなみにサ上さんもHUNGERさんもRIJFは初登場だそうです。個人的な趣味としてサ上と中江のステージをここで観たいなと思いました。よっしゃっしゃす。

新曲Future is Bornは名曲ですね。これも近日発売のようなので買わねばなりません。買うもの増えすぎ。

■13:30~ ココロオークション (WING STAGE)

M1 フライサイト
M2 夢の在り処
M3 ここに在る
M4 ヘッドフォントリガー
M5 線香花火
M6 蝉時雨

BUZZからまつかぜルートでベースキャンプに戻る道すがら立ち寄りました。この日は目当てが3組しかいない分、知らないアーティストもできるだけ聴きたいと思ったので。RHYMESTERでいっぱい体を動かしたので、後方の芝生に座りこんで鑑賞。フレッシュなサウンドが印象的なグループでした。

ココロオークションが終わったらベースキャンプでSCANDALとLOVE PSYCHEDELICOをぼんやり聴きながら休憩タイム。こういう贅沢な時間の過ごし方もフェスならではのものです。

■15:10~ Nothing’s Carved In Stone (PARK STAGE)

M1 Isolation
M2 Like a Shooting Star
M3 Brotherhood
M4 Our Morn
M5 In Future
M6 Out of Control
M7 Spirit Inspiration
M8 November 15th

このグループは16ビートがカッコ良いと思いました。私たちの世代は16ビートがカッコ良いと脳に刷り込まれてるんですよ。国内だとCASIOPEAとかTHE SQUAREとか、国外だとLARRY CARLTONとかLEE RITENOURとか。

16ビートをフェス風に手を上げたりクラップを入れたりしながら聴くのも何だかとても新鮮でした。

■15:45~ さユり (SOUND OF FOREST)

M1 平行線
M2 ミカヅキ
M3 フラレガイガール
M4 オッドアイ
M5 人間椅子
M6 十億年

最初出てきたときはアコースティック・ギターが歩いて来たかと思いました。

こんなメキシコのマリアッチ・バンドのGuitarron(ギター型のベース)みたいなサイズ感でした。背が低いんですね、きっと。150cmなさそうです。

しかもバックバンドはガスマスクしてるし。

そんなビジュアルとは裏腹に、魂のこもったボーカルを聴かせてくれました。10代の頃の自分だったら聴きながらぽろぽろ涙流してますね。こういう新しいアーティストとの出会いもフェスの楽しみです。

■16:40~ SHE’S (HILLSIDE STAGE)

M1 Freedom
M2 Un-science
M3 Voice
M4 Over You
M5 遠くまで

全くの予備知識なしで行って、開演前はフロントの柵付近がガラガラだったので前に行ってみたら、徐々に若い女性ばかり集まってきました。キーボードの人がなかなかのイケメンでした。オジサン的には若い女性に囲まれて嬉しくもあり居心地悪くもありという局面で、居心地悪い方が勝って脇によけた次第です。

こちらも若くてフレッシュなサウンドでした。

17:3017:45~ ドレスコーズ (LAKE STAGE)

M1 ゴッホ
M2 規律/訓練
(途中退場)
M3 平凡アンチ
M4 ヒッピーズ
M5 人間ビデオ
M6 愛に気をつけてね

最後は魔法少女になり隊で締めるつもりでテントを畳んで、少しだけドレスコーズを観ようと思ったら気の毒なくらいガラガラでした。

TEMPURA KIDZの入りが最悪のときに比べたら入ってるのかもしれませんが。裏はGRASSでゆず、PARKでキュウソネコカミということで、タイムテーブルの巡り合わせが悪過ぎたようです。

そのせいかサウンドチェックが長々と続いて15分押しで開演。

正直ゆずよりもこっちが好きです。ブラスとパーカッションが入ったラテンぽいファンキーなサウンドが気持ち良いです。座って聴くのがもったいないので、ガラガラのスタンディングエリアでしばらく体を動かしてましたが、2曲聴いたところで、自然が呼んでいるので退却しました。

■18:10~ 魔法少女になり隊 (WING STAGE)

M1 KI-RA-RI
M2 おジャ魔女カーニバル!!
M3 MEGA DASH
M4 ヒメサマスピリッツ
M5 完全無敵のぶっとバスターX
M6 BA・BA・BA ばけ~しょん
EN1 冒険の書1

裏は桑田佳祐ですが、翌日仕事で帰りが遅くなるのは嫌だし、KUWATA BAND時代の「BAN BAN BAN」くらいしか好きな曲ないし、むしろRIJFのRO69 Jackをきっかけに徐々に人気が伸びている魔法少女になり隊を締めくくりに選びました。

いやー、楽しかった。この2日間で一番汗かきました。サークルをぐるぐる回る観客と初めてハイタッチしました。心置きなくぶっ壊れることができました。テクノとかメタルとかアイドルとか色々混ざったこのグループの世界観大好きです。

火寺バジルちゃんはしばらく見ないうちに少し顔がしゅっとしてイイオンナになりましたね。明治さんは一段とお美しいです。

最後はアンコールでGariがR069でオープニングアクトで出演したステージに今度はトリとして立てたことに感激していました。3年前のオープニングアクトで同じ場所で上演した「冒険の書1」はとてもエモーショナルでした。こちらはそのときの映像。

個人的にこの2日間のベストアクトを観られたことで大満足で帰途につきました。

例年よりも少し低めのテンションで始まったフェスですが、2日間過ごしてみると、やっぱりこのフェスが大好きだなということを実感しました。毎年変わるのは出演者だけでなく、色々な形でフェスがフェス参加者以外の人も含めてひたち海浜公園来場者全員に取って楽しい空間になるよう、進化していることがしっかり伝わってきました。

来年は私個人として10回目のROCK IN JAPANになります。できれば全通したいなと思います。

ということで、ダイヤモンドダイニングよさこいチームには念願のよさこい大賞を受賞してもらい、追っかけは今年で卒業させてもらいたいと思います。そのためにもこれから高知に向かい、力いっぱい応援します。

はい、またまた長い記事になってしまいました。もしも読んでくださった奇特な方がおられたら、拙い文章を謝罪させてください。ありがとうございました。

WOWOWを間違えた。問題の答じゃなくて先生のことだよ。

いつも東尾理子公式ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

スタッフより東尾出演情報のお知らせですヒヨコ

3/24、25 WOWOW「LPGA女子ゴルフツアー キア・クラシック」にて、東尾が解説に出演致します。是非ご覧下さい、よろしくお願いします

※初日は無料放送日です

※OA情報は下記リンクよりご確認ください

WOWOW(リンク)

[広告] 楽天市場
  • 【送料無料】 WOWOW連続ドラマW パンとスープとネコ日和 オリジナル・サウンドトラック 【CD】
  • 俺は鰯■監督:冨樫森//ユースケ・サンタマリア/大沢たかお/篠原涼子■(2003) WOWOW■【DVD】【中古】
  • 限定品 レア TBS × WOWOW MOZU 西島秀俊さんが使用してるZIPPO
  • トリニティ・ブラッド <全12巻セット>■原作:吉田直/THORES柴本■(2005) WOWOW■【DVD】【中古】
  • WOWOW連続ドラマW パンとスープとネコ日和 オリジナル・サウンドトラック [ 金子隆博 ]
  • WOWOW開局25周年記念 沈まぬ太陽 オリジナルサウンドトラック [ 佐藤直紀 ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする