アマデウスの人気の通販店舗の提供、売れ筋ランキング情報もあります

アマデウスを最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

あんにょん( ・ㅂ・)و ̑̑

グンちゃんインスタ(^▽^;)

訳)人生のキャラクター😏←またしてもドヤ顔

グンちゃん追記👍

CV:   

あらゆるスポーツ大会で優勝を総なめにしてきた天才児で、家は由緒あるでお坊ちゃま。 

に惚れ込み、をライバル視したことが動機で、ハヤトと同じ14歳の最年少ドライバーとしてにデビューする。 
その後2017年序盤(『ZERO』冒頭)にハヤトとクラッシュし一旦引退するが、ゴーグルで顔を隠して「プリンス・ローゼンクロイツ」として登場し、復帰する。 
以後、ユニオンセイバーのオーナー兼ドライバーとして参戦する。 

ニックネームは、その芸術的な走りから「サーキットのアマデウス」。 

新世紀GPXサイバーフォーミュラ』(フューチャーグランプリ サイバーフォーミュラ、Future GPX Cyber Formula)は、架空のを描いた1991年に放送された製作のテレビおよびその後発売されたアニメーションシリーズ、ラジオ、、などの作品。略称は『サイバー』、『CF』。

twitterあるし😏

つ〜事で???
私ゲームさっぱりわかりません🎮
もういいかな( ̄▽ ̄;)
メンゴメンゴ😭
DOOTA


動画・画像お借りしましたm(_ _ )m

我輩はアマデウスである

特集は<変わるITトラブル 実例1098件分析、新事実が明らかに>です。1981年の創刊号から今年2017年まで足かけ37年間の「動かないコンピュータ」を分析した特集。継続は力なりと言いますが、これだけのトラブル事例が年代別に整理されているのは日経コンだけでしょうから特徴的な特集です。今回で944号なので数が合いませんが、複数件載っている事があるのでしょう。

【JALが旅客系を全面刷新、稼働50年で初 クラウド採用、「内際統合」を断行】(P.06)
内際統合とは国内線/国際線のシステム統合だそうです。競争が厳しい国内便はサービスを充実する必要があるのできめ細かな機能が要求されるそうです。
採用したのはANAの国際線と同じくスペインのアマデウス社のクラウド。ANAは国際線にだけ採用しましたが、JALは内際両方移行します。2017年11月16日切り替え予定なので国内線の競争力がどうなるか気になります。日本の航空会社大手2社が同じクラウドを採用したという事は国としてのリスクヘッジからみてどうなのかと感じます。しかも航空業界向け最大手の米国製でなくスペイン製というところに驚きました。

【コマツ、ドコモらいと建設クラウド提供へ 自前主義から転換、第三者に開発を促す】(P.10)
コマツは自社のクラウドサービスを提供していましたが、「オープンなプラットフォームが必要だと考え」てAPIを公開したクラウドサービスを2017年10月から複数社で開始します。その顔ぶれが少し面白い。コマツとNTTドコモ、SAPジャパン、オプティムです。オプティムは一部上場のインターネットベンチャーです。
GEのPredixが徐々に日本でも認知されていたり、ソラコムがKDDIになどIoT周辺は忙しくなってきました。どういう展開になるのか楽しみです。

【Windows7のサポート切れまで2年半 PC刷新に動き始めた各社の悩み】(P.16)
前号で1ページの記事でしたが、今回は4ページも使って日本企業の動きを紹介されています。企業の動きは前号から特筆すべきものはありません。Windows10は「最後のWindows」です。サポート終了がないかわりに、年に2回、3月と9月にギガバイト単位のアップデートがあります。アップデートのサポート期間は1年半。4回サボるとサポート切れになります。それってサポート終了じゃないのか・・・
大きなアップデートなので各社動作確認が必須ということでバタバタされています。
東急ハンズさんが出来る限りWindowsは捨ててChromeBookに移行するという方針のスマートさが光ります。

【乱反射:SAPジャパン、10億ユーロの壁 公共・公益市場の開拓に賭ける】(P.21)
SAPは「非ERP」の売上が伸びています。SAP全体でみるとERPの売上は既に40%を切っているそうです。日本は残念ながらまだ過半数がERPですので非ERPに力を入れてます。
非ERPはIoT関連、データ分析、クラウド、顧客・人事管理など。特にデータ管理のHANAはNTTドコモに入るなど順調に売り上げを伸ばしています。
SAPジャパンの売上は前年比10%増。SAP全体で7%増ですので日本の存在感が高まっています。

【CIOの眼:攻めのITこそ使命 IT部員は事業部門に出よ】(P.22)
旭硝子(AGC)の宮地伸二取締役です。旭硝子は早くから基幹システムをクラウドに乗せたことで有名です。セールスフォース、AWSだけでなくAzureやBOXまで幅広く使われています。その理由が「IT部員のパワーをレガシーシステムの運用という守りのITにあまり使いたくない」からだそうです。自社のIT部員を攻めのITにシフトさせ、「どうITを使ったら自社が強くなるか」という発想でシステム化されています。
私自身はIT業者ですので相談を受ければ考えてお答えしますが、常にその会社の事を考えているわけではありません。その部分を自社で行う事は素晴らしいと思います。

【変わるITトラブル 実例1098件分析、新事実が明らかに】(P.24)
この号はこの特集が「動かないコンピュータ」だそうで、新しい障害事例はありませんでした。分析結果は例えば「2010年代にシステムダウンの最大原因はサーバー攻撃などセキュリティ事故である全体の29%だった」など。冷静に考えると全部のトラブルが載っているわけでもなくマスコミ的にニュースバリューが大きいものを取材しているという恣意性があります。セキュリティ事故が多かったのか、セキュリティ事故がニュースバリューがあったのかこれだけではわかりません。

開発失敗についての原因は「やはり要件定義が主因」だそうです。
例えば記事として載った全システムのOSの分布(Win,Linux,Unix・・)とトラブルのOSの分布の相関関係を見たりトラぶりやすいDB Serverを特定するなどすればもっと参考になったと思います。

【5Gの効果、数兆円は出せる オープン戦略で千社と強者連合】(P.50)
NTTドコモの吉澤和弘代表取締役社長です。3年後に始まる第五世代(5G)の通信サービスについて鼻息荒い事をおっしゃっています。オリンピックまでは次々投資する感じでしょう。
私自身はこれ以上ネットが速くなっても良くなるように思っていませんが、新たなビジネスが創出されるなら良い事なのでしょう。

【社長の疑問に答える IT専門家の対話術 第90回】(P.92)
基幹システムの維持と、デジタルビジネスへの挑戦。二兎を追う戦略について、シグマクシスの柴沼俊一取締役とNTTデータの岩本敏男社長に質問された答え。「将来を展望しつつも自分で変えられるところからまず変えてみる。」と筆者は整理されます。
具体的な手順としてジェフリー・ムーア著「」を紹介されます。ここでは2点、
1.攻撃側でありたい市場 → 次の波を捕まえる
2.防御側である市場   → 次の波が自社を捕まる事を防ぐ
という手順を述べられていました。この本の紹介は次号にも続くそうです。

同じ本の紹介として、ネットでは「」が公開されていました。こちらも面白かったです。

以上

[広告] 楽天市場
  • バッハ:インヴェンションとシン [ アマデウス・ウェーバージンケ ]
  • モーツァルト/ドン・ジョヴァンニ (オペラ対訳ライブラリー) [ ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト ]
  • モーツァルト/コシ・ファン・トゥッテ (オペラ対訳ライブラリー) [ ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト ]
  • 【送料無料】DOPPELGANGER 401S-650C リベロシリーズ アマデウス [クロスバイク(650×23C・7段変速)]【同梱配送不可】【代引き不可】【沖縄・北海道・離島配送不可】
  • オムニバス/¥500モーツァルト3 映画のモーツァルト =アマデウス編=
  • 【送料無料】MORELLATO モレラ—ト アマデウス クロコダイルレザーレザー ブラック 腕時計ベルト 牛革 時計 バンドU0518-AMADEUS-052-019 ブランド/メンズ&レディース/男性用&女性用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする