ウォール街が選んだWOWOWの10個の原則

WOWOW詐欺に御注意

お正月は、平和に迎えました。 

紅白と笑ってはいけないを交互に見ながら、子とお年玉の金額の探り合いをして、子は年越し蕎麦、私はうどんを食べました。
私、蕎麦アレルギーなのです。
子の蕎麦は奮発して、なんか高い生蕎麦を買いました。
これが、いけなかった。
そばを湯がいた後、鍋は磨いたのですが、蕎麦の入っていたパックを密閉して捨てておくのを忘れました。
元旦、ブルゾンちえみの余韻に浸りながら、お雑煮の準備を始めました。
すると、まぶたがヒリヒリし始めたのです。
「空気が乾燥してるな」
と思いながら支度を整え、子を起こしました。
形ばかりのおせちとお雑煮で新年のお祝いをしました。
ところが。
お雑煮を食べ始めた頃から、息が苦しくなってきました。
それと同時に子が
「なあ、熱あるの?顔赤いよ」
と言うのです。
そう、台所に放置した蕎麦のパックから一晩かけて蕎麦粉が舞い、お雑煮を作りながら吸い込んでしまったようなのです。
鏡を見ると、両目お岩さん状態。
頰には赤いミミズ腫れができ、呼吸はどんどん荒くなりました。
正月前に大量にもらっていた気管支の発作止めと冬の必須アイテム ワセリンを駆使し、救急車の一歩手前でとどまりました。
いや、呼ぶべきだったのでしょうけれど。
子は薄情にも彼女と初売りに出かけ、外に出られる顔ではない私は部屋着のまま、WOWOW三昧しながら、部屋にいるポケモンを捕まえて終わりました。
三日目にようやく人目には触れられるようになり、子と二人で合格祈願の初詣に出かけました。
一週間後の離婚調停の結審が上手くいくように祈りました。
普通に新年を迎えたつもりでした。
お正月が明けて、お粥でも食べようかという頃、
仕事中に義父から着信履歴がありました。
8回も。
またうっとおしいなあ、と思いながら放置してもめんどうなので折り返しました。
何回かコールして、義父が出ました。
「もしもし、鯛子です」
「あー、鯛子?」
いや、決まってるでしょ、めんどくさ。
切ろうかと思った時に聞こえた義父の言葉に
固まりました。
「あいつ、死んだ」
私の新年は、まだ明けていなかったようです。

満載!WOWOW情報

劇場未公開の作品をソフトリリース前にオンエアするWOWOWのジャパンプレミアにてエアチェックしておいた「ナイト・ガーディアンズ」を鑑賞…人間社会にファンタジー世界の化け物が紛れていて、冴えないあんちゃんがその戦いに巻き込まれていく。ヴァンパイアの王女様なんていうので、ロシア版の「ブレイド」または「アンダーワールド」なのかなと思いきや…実は「メン・イン・ブラック」だったという感じのホラーアクション。劇中で自分たちで「メン・イン・ブラック」かというツッコミを入れており、WOWOWの解説にもロシア版「メン・イン・ブラック」と書かれていた。

ビルの屋上から転落するという夢ばかり見る少年パシャ…速配便の配達でホテルを訪れた時に、行方不明になっている女性歌手ダナと出くわす。ダナと夢の中で会っていたことを思い出したパシャは…フロント係からダナの部屋を聞き出し、押しかけてしまうのだが…そこに彼女を狙う凶暴な男女のグループが現れ、パシャにも危害を加えようととする。実はダナはヴァンパイアの一族の王女で、敵対する種族に追われていたのだ!ダナを助け出そうと果敢に挑むパシャ。そこにガマユン率いるロシア連邦保安庁、特殊任務“D局”のエージェントたちも現れ…。

ロシアのファンタジーアクションというと、10年くらい前に日本でもちょっと話題になった「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」というシリーズものがあり、スタイリッシュな映像が印象に残ってるんだけど、話はけっこう辛気臭くて、オイラはあまり好きになれなかった。本作も似たような感じかなと、ちょっと心配なところがあったんだけど…本作はハリウッド映画に近いお気楽な要素も多かったので、わりと肩の力を抜いて楽しむことができた。どこかで見たような設定の寄せ集めではあるけど、一応、ロシアらしいカラーをちゃんと盛り込んでいて、テンポの良さも感じた。

ヴァンパイアの王女様役の女の子もなかなか可愛らしい…もう少し、アクションに絡んで欲しかったなとか、世を忍ぶ仮の姿が“歌手”だったら、そういう設定を活かした見せ場があってもいいのになって思うんだけど…途中から、ちょっとお飾りになっちゃったよね。一応、ボーイ・ミーツ・ガールな要素もあるわけなんだけど、ラブストーリーとして見てしまうと割と大雑把であり、最後の“アレ”もいささか強引に感じるかなと。「トワイライト」みたいになっちゃうと、それはそれで退屈だと思うが、2人が惹かれあっていく様子はもうちょっと丁寧に描いても良かったかな?

中盤あたりは“メン・イン・ブラック”的な秘密組織の方の話に重点がおかれ、主人公の冴えないあんちゃんが、その組織で奮闘する姿が描かれる。敵の目的は、王女様と“契”を交わし…世界を支配する力を手に入れようと…これまたよくあるパターンの企みをしてるわけで、主人公たちがそれを阻止できるかどうか?最終的に一発ヤっちゃえば悪党の勝ち…ってシュチエーションは、なんだかケビン・コスナーの「ロビンフッド」を思い出すのでした(笑)ヴァンパイアなので、陽ざしやニンニク(もしかしたら銀も?)に弱いなんていうお約束設定もちゃんとありました。

最終決戦に挑む際に、あんちゃんが身につけていた装備などは色々と細かいギミックが仕込んであって、けっこうカッコイイ。あと、あんちゃんの上司…“MIB”でいうところのトミー・リー・ジョーンズポジションのおっさんがなかなか個性的。組織の移動手段は専用の地下鉄で、そこに敵ヴァンパイアが襲撃を仕掛けてくるんだけど、おっさんは隠し持っていた(地下鉄内の装備)ガトリング砲で迎撃!いや~なかなか豪快で痛快でした。日本盤ソフトのリリース日は未定、本国ロシアではブルーレイが出てるようですが、さすがのAmazonでも見つからなかった。

監督:エミリス・ヴェリビス
出演:イワン・ヤンコフスキー レオニド・ヤルモルニク リュボフ・アクショノワ ミハイル・エフラノフ

WOWOWオンデマンドで配信中】

YouTubeに予告がありました

[広告] 楽天市場
  • BUZZER BEATER 全4巻+2nd Quarter 全5巻 <計全9セット>■原作:井上雄彦//監督:宮繁之■(2005/07) WOWOW/日本テレビ系列■【DVD】【中古】
  • SHUFFLE! 第1期 WOWOW版 廉価版 DVD 全24話 600分収録 北米版
  • パンドラIII 革命前夜 <全4巻セット>■江口洋介/上川隆也/小澤征悦■(2011) WOWOW■【DVD】【中古】
  • 【中古】勝負をこえた生き方  〜WOWOWコラム「愛’s EYE」〜 (TWJ books)
  • 氷室京介×WOWOW LAST GIGS Tシャツ(L)◆新品Ss【ゆうパケット非対応/送料680円〜】【即納】【コンビニ受取対応商品】
  • 氷室京介×WOWOW LAST GIGS Tシャツ(M)◆新品Ss【ゆうパケット非対応/送料680円〜】【即納】【コンビニ受取対応商品】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする